男の全身脱毛!安心してコンプレックスを解消できるサロン選び » メンズが安心して全身脱毛ができるおすすめサロン&クリニックリスト » RINX(リンクス)のメンズ脱毛 » RINX(リンクス)創業者、都築寛史氏の次なる目標とは

RINX(リンクス)創業者、都築寛史氏の次なる目標とは

メンズ脱毛サロンRINXの創業者である都築寛史氏が立ち上げた新会社「ブランディングエージェント」。都築氏はどういった人物なのか、簡単なプロフィールと、ブランディングエージェントが行なっている事業内容、企業理念について迫ります。

都築寛史氏とはどのような人物なのか

都築氏はRINXを創業する前は美容の会社に勤めており、そこで培った知識や経験を活かして脱毛サロンの開業へ踏み出したそうです。RINXを創業したのは2008年で、その頃はまだインターネットが普及していない時代でした。また、「男性が脱毛をするわけない」というイメージが当たり前の時代で、はじめは集客に苦労されたそうです。

そんな中で、都築氏は「お客様あってのサロン」という想いを持っており、一人ひとりのお客様に喜んでもらうことだけを考えひたすら試行錯誤してサロン運営を行ってきました。RINXに勤務する社員の接客力は非常に高いと評判。これは、都築氏がお客様だけでなく社員にも愛情を注いでいるから。「仲間の一度きりの人生を豊かにしたい」という想いを持って、隔たりなく社員と接しているそうです。

都築会長の経歴(プロフィール)

2008年にRINXを創業し、株式会社リンクス、株式会社RINX PLUS、株式会社リンクスホールディングスを設立。代表取締役会長に就任しました。 2017年12月末でRINX会長を退き、現在はブランディングエージェント代表取締役会長に就任しています。

ブランディングエージェントの事業内容とは

自社や自店舗で提供しているサービスにこだわりや誇りを持っている経営者は数多くいますが、そのサービスの「魅せ方」が上手にできていないことは少なくありません。サービスの素晴らしさをお客様に届け切れていない経営者の悩みを解決したいという思いから、都築寛史氏は2017年12月に株式会社ブランディングエージェントを設立しました。

株式会社ブランディングエージェントでは「世の中に必要とされるサービスであること」を大前提として、都築氏がRINXの経営で培った知識を活かして経営コンサルティングを実施。クライアントのサービスを認知させて魅了させるサポートを行なっています。 近年、日本人の8割以上がスマホを持つ時代になりました。そのため、約8割の人が検索エンジンを肌身離さず持っていることになり、いつでも検索ができます。都築氏はこの検索エンジンこそが「素晴らしいサービスを、必要としている方に届ける手段」と考え、WEBを用いたマーケティングやブランディングを行なっていくそうです。

費用と悩みで比較! 「男の全身脱毛」ならここがおすすめ
費用と悩みで比較! 「男の全身脱毛」ならここがおすすめ
費用と悩みで比較! 「男の全身脱毛」ならここがおすすめ